世界選手権コンバインド優勝~東京2020代表内定~

8月21日、世界選手権コンバインド決勝が行われ、見事優勝し、11日間に渡るクライミング界最高峰の世界選手権を有終の美で飾ることが出来ました。

予選3位で決勝を迎えた楢󠄀﨑は決勝の最初の種目スピードで6秒159の日本新を出すなど2位通過、

続くボルダリングでは出場選手ただ一人、3課題全完登の圧倒的な強さを見せました。

最終種目のリードでも2位に入り、日本人初、そして自身初の世界選手権コンバインド種目優勝を果たしました。

今大会は東京大会の代表選考も兼ねており、日本人最高位に内定が与えられ、日本人男子第一号に決まりました。